あらすじ

 人類は同じ夢を見るようになった。
  
  ある晩は、女生徒と教師の不倫の物語であり――
  
  ある晩は、劇作家と女優の身分を超えた恋物語――
  
  またある晩は、不登校の少年と教育実習生の淡い初恋――
  
  三種類の夢を、人類は繰り返し見るようになった。
  
  何故、全人類が同じ夢を見つづけるのか。
  
  これは、世界と呼ばれた一人の少女の物語。

企画意図

 今作は記憶と人格の関係性を描く。

 三つの並行世界は、過去作品のスピンオフをオムニバスのように並べただけではなく、
 最終章のCASEー0に収束した後、三つの物語が語られた必然性も示される。

 “個性”と呼ばれているものの正体は、今日までの記憶の集積でしかない。

 何かの判断を下すとき、多くの人は過去の経験を手がかりにする。

 過去のデータがその人の行動を支配する。

 そして人は、行動を見てその人の個性を判定する。

 つまり我々は、間接的にその人の過去を個性だと定義している。

 では、記憶にたいして削除、創出という操作ができるようになる未来がきたとき、
 人の個性は何によって定義されるのか。

 揺らがない個性というものは存在するのか。

 これが今作のテーマであり、
 世凪という一人の少女の物語を通して、
 一つの答えを出すことを目標に企画した。