こうじ(男の子)

登録日:2017-06-12 21:23:58

推しキャラ ラビ・ジエール
好きなルート 強くてコンティニュー
好きなムービー アリス「アップルパイでティータイム」
プレイ時間 〜20時間
ボリューム感 ちょうど良かった
ニューリンを知ったキッカケ ベコ太郎さんのお仕事告知
ニューリン入手方法 予約してパッケージを買った

感想:


進行のテンポがとても良く、キャラクターの掛け合いも楽しく、実質一本道なシナリオ進行も全く不満には結びつきませんでした。時間を忘れて読み耽ったエロゲは「大□書館の▽飼い」以来です。
時代考証も適度にされており、フィクションとの織り交ぜ方が実に絶妙だと思います。
各メインキャラクターも各々が明確なキャラクターづけをされており、それぞれがみんな魅力的です。難を言うとすれば春が主人公を好きになる過程が殆ど描かれていないことくらいでしょうか。
そして複数エンド形式恋愛ゲーでは致し方ない事とは言え、春エンドにおける四五の不憫さは他エンドと比較にならない苛烈さで、流石にちょっと見ていて辛かったです。

原画についてはベコ太郎さんを採用されたことが天晴れと言うほか無く、お○っこ描写は最の高でした。
今作はベコ太郎さんが原画をされているからこそ買った訳ですが、キャラデザという点に於いて全てのキャラに甲乙つけがたく思います。
その一方で、CGの塗りに関しては「これから頑張ってください」とだけ申し上げます。

BGMが世界観を邪魔しないナチュラルな風合いで統一されていて素晴らしいと思います。表に出過ぎもせず、かといって単体で聞くにも耐え得る質であると感じました。

私的には「強くてコンティニュー」は無くてはならないシナリオであったと思っています。やっぱりフィクションなんですから、楽しい幸せなエンドを迎えてほしいものです。
このシナリオによって、私の中での評価は「倍率ドン!さらに倍!!」って感じです。

今後にも期待しておりますので、どうか頑張ってください。


開発者から:


ありがたい評価、大変光栄です。

四五に関して、実は僕がシナリオをすすめていた段では、
もっと派手に修二に執着しているイメージだったのですが、白雪さんがカラッと演じてくれたことで、今の形になっています。
それでも春ルートにおいては不憫すぎる印象を与えてしまった訳ですから、あれ以上暗く演じてもらわなくて本当によかった。

恋愛描写不足は、次回作で取り組みたく思います。
最後までプレイ頂きありがとうございました!
(緒乃)

この批評をツイートする