マルチ(男の子)

登録日:2017-06-02 23:08:29

推しキャラ エミー・フェルトン
好きなルート エミールート
好きなムービー エミー「ディグ・ダグ・男爵」
プレイ時間 〜10時間
ボリューム感 ちょうど良かった
ニューリンを知ったキッカケ Laplacianの公式サイト
ニューリン入手方法 予約してパッケージを買った

感想:


タイムマシーン➡処女膜教授が黒幕と思いました。強くてニューゲームに処女膜教授がタイムマシーンを持って来たらディスクを投げろということかなと思いました。本編壊しすぎだろと。とにかく男爵さんならタイムマシーン思いついても仕方ないな(洗脳済み)
真面目に感想としていい意味で期待を裏切ったなと。設定も周りの人物も真面目すぎねモモケン分が足りてなくて心配(主人公とばかが出来る悪友ポジション)だったけど、タイムスリップものとして各ルートでデートなどの日常パートを除いて大きなイベントは同じで主人公の行動で結果が変わるというのは他のルートでどうなるかと気になり飽きにくかった。あと一周した後に二週目をして細かい行動の違いを考えたりと、周回してもおもしろかった。
最後に少し悲しかったこととしてラビルートが切な過ぎた。他のルートでラビの苦労を見た後もう一周すると更に切ない。睡眠薬の調合でエンディング変えられるのかなと細かい選択支を変え7回以上周回しました。強くてニューゲームもクリアした後に特定の選択しを選びフラグを立てるとかの特殊条件でのラビグランドエンド。みたいなのがあったら文句なしでした。
しかしゲームとして面白くHDからはパソコン買い替えまでは絶対に消さずに残っていると思います。
キミユメの時は夢の中の悪乗りについていける大好きな層とついていけない層の二極化しそうなメーカーだと思っていたので。本当にイメージを崩されました。


開発者から:


ラビルート、切な過ぎましたか。
確かに、睡眠薬の調合の選択肢は、ちょっと意味深すぎましたね。
そして結果、エンドは二種だし、確かにご指摘の通り、フラグでの条件分岐がもう一段階あると、
ラビは本当に救われたのかもしれないです。

前作に引き続いてのプレイ、ありがとうございました!
(緒乃)

この批評をツイートする