痛ヲ(男の子)

登録日:2017-05-31 23:26:03

推しキャラ エミー・フェルトン
好きなルート ラビルート(2周目もやってネ)
好きなムービー エミー「ディグ・ダグ・男爵」
プレイ時間 〜10時間
ボリューム感 ちょうど良かった
ニューリンを知ったキッカケ Laplacianの公式サイト
ニューリン入手方法 予約してパッケージを買った

感想:


キミユメよりエンジンがサクサク動いてますー。・゚・(ノ∀`)・゚・。
キミユメも見所はたくさんあったと思うんですけど、「夢」設定があんまり機能してなかったり勿体ないとこも散見されてた気がしてまして。
今回は伏線といい会話・設定あれこれ違和感なくストンと落ちるデキで完成度もかなり高かったと思います。「緒乃さんが書きたかったのはコレだ」という勢いも感じました。

また、メインルートがあって、そこから順番に個別に分岐していく今回の方法。個人的に実はあんまり好きじゃなかったんです。どうしても始めのほうに個別が回ってくるヒロインは存在感が薄くなりますしハッピーエンドになりづらいですし。
しかし今回のラビ√でまた本線に戻るアイデアは実に秀逸だったと思います。

そして2周目。唯一ハッピーになれていなかったラビへのフォローはもちろんなんですが、本編中で感じた「あれ?もう1人ラビがいるはずだよな?」という疑問まで短い会話1つで解消してくれたのはもう「お見事」の一言。

ラストの男爵さんもしれっと本編に紛れ込んでましたし、前回の処女膜先生よりは唐突感なくて、受け入れやすかったと思います。

最後に次作でどうなるかまーったく読めない辺りさすがですが、プロモーションも含めまた楽しみにしております。


開発者から:


キャットシステム2、非常に素晴らしいエンジンでした。
組み込みから画像管理まで何もかもがスムーズにいきました(なんで延期したんや)
確かに、前作では夢の扱いが少し浅かったというか、後半でほとんど機能しなかったのは反省点でした。

ラビの√のギミックは、タイムトラベルという題材と美少女ゲームのシステムがマッチした、今作のハイライトの一つで、結果として多くのラビフリークから感想を頂けて良かったです。

処女作から引き続いてのプレイ、本当にありがとうございました!
次回作は企画・展開含めて既に少しずつ動き始めておりますので、是非ご期待下さいませ!
(緒乃)

この批評をツイートする