特典情報

開発者コラム

海外版ニュートンと林檎の樹のキックスターターが始まりました!

公開日:2017/12/01


どうもみなさま、ご無沙汰してます。

緒乃ワサビです。

アオイトリ、やりました?

やりましょう!

すごい作品です。

今すぐやりましょう。

さて季節の挨拶(?)も済んだところで、本日はニューリンの最新情報です。

本日から、Laplacianの『ニュートンの林檎の樹』の海外版開発を目指してキックスターターが始まっています。

主催はSolPressという、日本のビジュアルノベルのローカライズ事業を行っている企業さんです。

翻訳をはじめとする基本的な業務は全てSolPressさんが担当しており、

Laplacian一同は『こんなに、我々のニューリンを愛してくれて(意味深)ありがたいなぁ』と、

すごい勢いで進行するプロジェクトを眺めているのみなのですが、

やはり自分達の作品を改めて見直していると、体がうずいてくるのが人情。

せっかくなので新規書き下ろし、及び描き下ろしの企画もナニカしたいよね、という話になり、今回、

キックスターターのストレッチゴールという機能を使って、

英語版・及び日本語版のアフターストーリー小説を企画しました!



ストレッチゴールとは、

お金がたくさん集まったら、こっちもたくさん頑張っちゃう。

という、国内の皆さんにわかりやすくいうと、スタミナ課金みたいなシステムのことです(多分違う)

みんなのスタミナ課金で、Laplacianを馬車馬のように働かせられる!

という夢のようなシステムですね。

メーカーのスタミナ課金システムを構築すれば、延期するメーカーも少しは減るんじゃないでしょうか。

いや、いっぱいお金が入ってきたらむしろ増えるか……?

まぁいいとして。

今回は、Laplacianとして3冊の書き下ろし小説を企画しました。

書影 書影 書影


画像は、国内向け電子配布用に作ったぽい表紙です。

お待ちかねのラビルートのアフターストーリー
【ラビとラビとの遺伝子実験】

イルザと修一郎の大人の恋を少しビターに描く四五ルートのサイドストーリー。
【イルザの瞳に乾杯】

そして、四五ルートのアフターストーリー。
【恋人は計測係】

3作とも全年齢対象、エロ過ぎるのはナシで書く予定です、あしからず。

ニューリンの構成において前半に位置して、本編中では報われ切らなかった2人です。

今回ははっきりくっきり、四五とラビを文句なしのハッピーエンドに連れていって幸せそうな姿を見たいなぁ、と。

3作の現在の進捗状況としては、

ラビのアフターストーリーに関してはプロットがある程度固まっている状態。

四五のサイドストーリー、アフターストーリーはあらすじが固まって、終わりが想定できている状態。

その状態で、霜降・ぺれっと両名には、

うまくいったらこんなお仕事が入るカモ。

と事前通達しているような状態です。

今回のキックスターターは英語圏が主戦場であり、この小説も翻訳を前提としています。

なのでストレッチゴールのハードルは高めに設定されていますが、なんとか達成できるといいですね。

全部達成したアカツキには、僕の2018年の休みが晴れて、漏れなく吹き飛びますね。

いいんです、馬車馬ですから。

ニュートンと林檎の樹、海外の皆さんにはどう受け止めてもらえるでしょうかね。

我々もドキドキしつつヒヤヒヤしつつ、キックスターターの動向を見守りたいと思います。

目も当てられない結果になったとしたら、

何も言わずに3作目を予約して下さい。

Laplacianといえば、ここに来ている皆様は既にご承知の通り、

危なっかしく、吹けば飛ぶ零細ブランドな訳ですが。

どうして今回、このような形でニューリンを海外展開する運びとなったのか。

コトの発端はニューリン発売前、もっと言うと延期発表前まで遡ります。

いや、延期の話はもういいか。

とにかく、ニューリン開発中の、スケジューリングが甘々でまだまったりしていたLaplacian開発室で、1通のDMを受け取りました。

要は「『ニュートンと林檎の樹』のローカライズをさせて欲しい!」という内容だったのですが、

その時はまだゲームも完成していなかったし(まったりしていたくらいですから)

日本の美少女ゲームメーカーに営業メールを乱発しているんだろうと思って、

ブラウザを、そっ閉じしました。

ところがその後、DMの送り主は海を越えてLaplacianの事務所まで会いに来てくれました。

話を聞けば、アメリカに日本の美少女ゲームを輸入したくて新しく会社を立ち上げたと。

この24才の青年が、SolPressの社長のMichael Valdezさんでした。

ちゃんと通訳を雇ってLaplacianに来るなんてすごい熱意だなぁと感心しつつ、そこまで言ってくれるなら預けてみるよ、と契約を結びました。

小っちゃくて若い会社は周りから見れば危なっかしくてしょうがない訳ですが、
それはSolPressもLaplacianもお互い様。

自分達が面白いと思うモノを、多くの人に届けたいという一点において、同じ方向を向いていられれば充分ですね。

結果として、SolPressの翻訳・開発スピードは速く、スケジュール共有も丁寧で(見習いたい)上がってくる新規プロモーション動画も、ツボを押さえたものでした。




素晴らしいですね。

なにせ本編はもう上がっている訳で、沢山のCG素材を贅沢に使っています。

今回キックスターターのプランを充実させる為に、アートブックや描き下ろし色紙といった、専用のグッズも用意しました。

ですが、英語に翻訳された本編は英語圏のみでの販売となり、残念ながら国内からは買えません。

用意した新規グッズも日本からは買えない訳です。

いや、それは日本のメーカーとしてどうなんだろう、とふと思った訳です。

今のLaplacianがあるのは、

デビュー作のエンジンが重かろうが、

デビュー作の音質が、なんとも言えないアレな感じになっていようが、

2作連続で延期しようが、

文句一つ言わず、辛抱強く買い支えてくれている日本の皆さんのおかげです。

いや、文句は言われているか。どうもすみません。

まぁとにかく。

日本のユーザーに迷惑をかけながら成長してきておいて、海外に向いた途端に See you Someday!!とばかりに、いきなり外向くのもどうなん?

というわけで、国内からもグッズを購入してこのキックスターター祭りに参加できる

親切な課金制度を用意しておきました。

男爵Twinkleビンビンセットです。



これなら日本人以外わかんねぇだろと、品のない名前をつけてやりましたよHAHAHA!!

どうですこの課金プランの押し売り。

もちろん、このプランに参加しておけば、ストレッチゴール達成時に書き下ろし小説が配信されるハズです。

ニューリン本編では物足りなかった皆様、

Laplacianが大好きでお金を落としたくてしょうがない皆様、

はたまたLaplacianが大嫌いだけどお金が余って余ってしょうがないという皆様。

この機会に、是非ご参加下さい。

この記事をツイートする