特典情報

開発者コラム

第13回 春乃いろはのニューリンレポート【担当:春乃いろは】

公開日:2017/05/22


春乃いろはのニューリンレポ

開発者コラムをご覧のみなさま、はじめましてこんにちは。

『ニュートンと林檎の樹』エミー・フェルトン役の声優、春乃いろはです。

Laplacianさんとは処女作『キミトユメミシ』柊真里奈役で出演させていただいた時からのお付き合いで、
(好評発売中!こちらも是非プレイしてね!モモケンルート待ってるよ!)
今作もご縁があってエミー役として出演させていただくことになりました。

こちらの開発者コラムでは『ニュートンと林檎の樹』に関わる方々が裏話をされているという事で、
春乃も出演声優視点からどのように携わってきたか少しですがお話しさせていただこうと思います。

あくまで【ニュートンと林檎の樹】での【春乃いろは】視点のお話なので、
どんな作品もこういう感じなんだ!!
という訳ではないことをご了承くださね!!

さて、LaplacianさんのHPで『ニュートンと林檎の樹』が発表されたのが2016年11月21日。
その時、春乃が思ったことと言えば

「よかった!Laplacianさんまたエロゲ作ってくれるんだ!!」

でした。

出演させていただくことを知ったのは確かその直後だった気がします。
ユーザーから関係者になった気持ちで嬉しかったです。
エミー役という事は伺っていましたが、当時はユーザーさんと同じくらいしか作品を知らない状態でした。

他の出演者さんが誰かもまだわかりません。そんなもんや。

LaplacianさんのHPが色々更新されつつ、2017年2月23日。

オープニングムービーが公開されました。
作品性が視覚や音楽で理解できて発売が楽しみになります。

まだ収録は始まっていません。そんなもんや。

そして3月某日。

ついに『ニュートンと林檎の樹』のエミー収録の開始です。

数日かけて今作の音声をとっていくわけですが、
まずは体験版のエミー音声を収録。

初収録時はキャラクターの性格や物語の流れなど、
とにかく細かく確認します。

『ちっぱい』の発音は『失敗』『おっぱい』の発音のどっちだ?」

とか!

中々声に出す機会がない台詞はこのタイミングで知ることがしばしばです。

この段階で頂いていた台本が体験版までだったので、
続きが気になってLaplacianさんを質問責めにした記憶があります。

だってあんないいところで終わるんだもの!!

エミーは声の高さや話し方性格をどう表現するのかを何度かテストして、現在のものになりました。

収録開始時期がエミーは遅い方だったので、
他のキャラクターの音声を聴かせていただき掛け合いの雰囲気を掴みやすかったです。

せっかくですから、ここで春乃が実際に使用したエミーの台本を公開させていただきます。

ユーザーさんも気になるところではないでしょうか?

ということで、どん!!





台本は声優ごとに作られており、エミーの台詞が大きめに書かれています。

自分専用の台本。

読みやすくてありがたいです。

自分の出るシーンのみ配られることが多いですが、
シーンの頭に今までのあらすじなどが書かれていてわかりやすくしていただいています。

収録時に詰まらないようフリガナをふったり、動作や表情をイメージして赤ペンでチェック。




 
台詞を言い間違えたり、リップノイズが載ったときは自分で台詞を言い直しますが、
それ以外のリテイクが出ると、一区切り収録した後に改めて録りなおします。

黒いペンのチェックは春乃のリテイクの証。

どうやらエミーの台詞「エキセントリックゥッ!」がリテイクだったようです。

リテイクの内容は『楽天カードマンのCMみたいに』だったようですね。

語尾に気を付けて録りなおしました。
是非ゲーム内でご確認ください。

体験版以降の音声も順調に録り進めていく中、
2017年3月26日『ニュートンと林檎の樹』体験版が公開。
ユーザーさんの反応は私もドキドキしちゃいます。

エミーが可愛がられますように。

3月中にエミーの8割程度の収録が終わり、
まだ収録が終わってないけれどきっと何とか発売されるだろうと思っていたら……

延期の発表。

残念ですが、その分いい作品になるといいなぁと残りの収録台本の到着を待つ春乃。

延期のお知らせで2017年のGWの予定が飛んで絶望した方々をはじめ、
悲しみに暮れた方々におかれましては公式通販特典『エミーの男爵3分クッキング』をプレイしていただければと思います。

気持ち、たくさん込めて言いました。
エミーは『ニュートンと林檎の樹』を楽しみに待っていた方々の味方です。

某月某日(ここまでくると言い辛い)、数日前に残りの台本を頂き、いよいよ最後の収録。

台本の枚数が減って行き台詞を発するにつれ『ニュートンと林檎の樹』のエミーとの別れといいますか、
旅立ちが近づいてきて寂しい気持ちになります。
また逢えますように。

本編を録り終えると本編台詞以外の音声を録ったり、今作の魅力の一つでもある挿入ムービーを収録しました。

エミーの挿入ムービーはすでに緒乃ワサビさんによる仮歌でムービーができていたのでイメージが掴みやすかったですね。
たくさん掘りました。

クロスフェードデモが公開されていますので見てね!

と、このような感じで『ニュートンと林檎の樹』エミーの収録は終わりました。

エミーを通じて『ニュートンと林檎の樹』を体験してきた訳ですが、
面白くて温かくホロリとする世界で、本当にそこで生きている気持ちになれる作品です。

発売まであと少し、メイドとして精一杯頑張らせていただきました。
プレイの際にはぜひジャガイモ料理を準備してくださいね。

エミー・フェルトン役の声優、春乃いろはでした。

この記事をツイートする